ランドセルレシピLM

ランドセルの価格相場ってどれくらい?ランドセルの正しい選び方|ランドセルレシピLM

  1. >
  2. ランドセルvsランリュック

ランドセルvsランリュック

私は小学生の頃引越しをして1~2年生の時はランドセルでしたが、3年生以降はランドセルではなく、ランリュックというランドセルのようにかっちりしたものではなく、リュックでした。

どちらも使ってみての感想ですが、ランドセルは値段も高いが6年間使えるくらいに耐久性がありますね。それに比べてランリュックは値段は安いですが、乱暴に扱ってたからなのか2回買い替えました。

私の時代はほとんどが黒と赤と決まっていたが今は色んな色や装飾があったりして羨ましく思います。

個性も出せるので、オシャレを楽しんだりも出来るのだろうなぁ~と思います。

ただ、ランリュックを使っていた者から言うと、やはりランドセルは改良されてはいるけど形が決まっているので荷物が増えた時に対応出来ないのがちょっと難点ですね。(ランリュックは多少変形してくれるので押し込める)

しかし最近では海外の大人がおしゃれや利便性の為にランドセルを使うようになったと聞きました。

それだけランドセルは認められてるって事なんでしょうね。

違いは価格とデザイン

昨今のランドセルは6年保証や軽量化、A4サイズファイルへの対応は各社しており、違いは価格とデザインが主になっていると思います。

女の子は赤、男の子は黒といった固定観念はなくなり、性別に関わらずカラーを選べる時代になっているようです。しかしながら私の周りでは女の子はカラーバリエーションに富んでいますが、男の子は黒もしくは紺が多いように感じます。

私の子供時代にはなかった機能としては防犯ブザーを付けられるように各社なっています。

大人になって改めて気がついた、ランドセルの魅力

ランドセルの偉大さに最近気がつきました。今、改めて思い返してみると、あんなに育ち盛りの活発な子どもたちが6年間も使い続ける、続けられる鞄ってなかなかないなぁと。学生の頃は流行りのカバンを買って、飽きたら別のデザイン、と取っ替え引っ替えしていましたが、年を重ねるとだんだんと長く使えるシンプルで良いものを求めていて。そう考えるとあれほど機能的でシンプルなデザイン、かつ長く使える物は無いのではと、ランドセルの偉大さを感じています。大人のランドセルが注目される理由もわかります。

ランドセル、どれにしよう?

来年子供が入学しますので、どんなランドセルにしようかと日々悩んでいます。

毎日通りかかる小学生達を見て色に悩み、幼稚園前にいるランドセルメーカーさんにパンフを貰えばこの割引券につられていいものかと眉根を寄せ、防犯ブザーを鳴らして遊んでいるのでこれをさせないようにするにはどうしたらいいか、等。

私自身は勿論ただの赤のランドセルで、不幸にも事故で無くなってしまったので確かめようが無いのですが、普通取っておいて懐かしむものなのでしょうか?

もしそうだとするなら我が子に将来の思い出も一緒にプレゼントすることにもなるしで、なおのこと考え込みます。

結局のところ子供次第なのはわかっているつもりなのですが。